/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/page-ctmdgna.php

自社設計室の理念

大切にしているのは
ご家族の想いをひとつにしていく
家づくり

建てる場所、住まうお客様のご要望同じものはひとつとしてありません。 あなたの想いと夢を叶える為に、じっくりと話し合いましょう。 長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。 家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、 可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。 断熱、気密性が高いからこそ、 開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用する事ができます。

最適な暮らしを考える「ライフデザイン」思考。

建てる場所、住まうお客様のご要望同じものはひとつとしてありません。あなたの想いと夢を叶える為に、じっくりと話し合いましょう。長く住まう家だから、流行を追わず、日々愛着の増す住まいを目指します。家族の結び付きをいっそう強くする間取り、家事の負担を少なく、可変性のある間取りの工夫を取り入れていきます。断熱、気密性が高いからこそ、開放的で明るい吹抜けのある空間も大胆に採用する事ができます。

さらに自然の恵みの力を最大限に利用して快適性と光熱費を抑える住宅を実現します。

パッシブデザイン

パッシブデザインとは建物のまわりのエネルギー、風や太陽などの自然エネルギーを利用して、室内の環境を高品質に保ち 暮らしの中で消費するエネルギー(光熱費やCO2など)を減らす設計技術の一つです。
パッシブデザインの設計のカギは5つの項目に集約されます。
①断熱、②昼光利用、③日射遮蔽、④風の利用、⑤日射熱取得
この5つの項目をつくる建物の立地条件や住まい手に合わせ、上手に変化させていく事が大切です。
豊和住建では住まいのまわりの敷地の調査、立地条件から高品質な「住まい方」「室内環境」「省エネルギー」をデザインします。

①断熱

断熱性能を充実させ、室温の維持を図ります。

②昼光利用

昼の明るさを室内に取り入れ、照明等の利用頻度を減らします。

③日射遮蔽

夏期の日射や熱を遮ることで、室内の環境を涼しく保ちます。

④風の利用

自然の風(夏期シーズン)を室内に取り入れ涼しさを保ちます。

⑤日射熱取得

冬期に開口部から熱を取得し、蓄熱した熱を利用します。