/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

スタッフブログ-構造材の手刻み加工

こんにちは、工務の笹木です!

今日は構造材の手刻み加工の様子をお見せします!

今日の木造住宅の95%以上は、柱や梁といった構造材を「プレカット方式」という

機械による加工を行い、現場に納めています

ですが、「プレカット方式」に頼り切りでは、実際に工事に携わる大工さんの知識や腕が

どんどん悪くなってしまいます

豊和住建では年に数件、大工技術と知識の継承を行っていくため、大工による手刻み加工を

行っております!

棟梁の山中大工が丸太材の墨付けを行っております!

墨付けは加工と同じくらい重要な作業です

丸太梁は四角の材料の何倍も墨付けが難しく、技術と経験がなければとてもできません(・.・;)

身がびっしりと詰まった日本の市松材です!

贅沢ですね!!

加工場内でもベテラン大工さんが材木を加工中です

真剣に作業しているのは、榊原大工

まったくカメラに気づかないほどの集中力です!

見習い大工の鈴木くんも頑張っています!

棟梁に指示を受けながら、少しずつ技術と知識を学んでいきます!

頑張れ!

出来上がりが今から楽しみです!

ブログカテゴリ