/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

リフォーム-キッチン内装改修工事

<大府市桃山町 リフォーム H様邸 >

先日完成しましたH様邸のキッチン内装をご紹介します。

2部屋の床・壁・天井を解体し1部屋にします。

キッチンも対面キッチンに変更しました。

施工前

 

解体し、床の下地材を施工している様子

 

床の断熱材は厚み90ミリのカネライトをいれてあります。

 

壁は土壁の上からカネライトの厚み30ミリを入れてあり、天井はロックウールの厚み100ミリを

入れてあります。

 

お施主さまが住みながらの工事なので、既設のキッチンはギリギリまで壊さず

新しいキッチンを据えてから、水道配管などを繋ぎ直したので、キッチンは使えない日は無く、

スムーズに工事を進めることができました。(音などでご迷惑をおかけしましたが)

 

キッチンカウンターも社員大工の造作です。どのような寸法でも自由自在です。

 

出窓も既設は木のサッシでしたが、鋼製サッシのペアガラスに変更。

勝手口も断熱性のある勝手口に変更。

 

内装クロスは新築でも標準仕様としている珪藻土と紙をまぜた「ケイソウシート」

珪藻土のチカラで有害物質を分解したり、湿度を調湿してくれます。

床はさくらの無垢材をつかっています。(節なし)

塗装もドイツから取り寄せた自然素材のものをつかっています。

当然床も自然素材ですので、調湿作用があり、梅雨時期は湿気を吸ってくれるので、サラサラと

すごしやすく、冬の乾燥時期は、ためた湿気を放出し、ほどよい環境にしてくれます。

断熱もしっかりしているので、冬の過ごしやすさを楽しみにしていただければと思います。

 

 

Hさまに喜んでいただけた事に感謝いたします。

 

豊和住建のリフォームはこちら>>>

断熱・耐震・自然素材リフォームはこちら>>>

安心、納得のリフォームの流れはこちら>>>

ブログカテゴリ