/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

大工道具 かんなの刃の手入れ

刃をたたいて鋼を出す?!

 

今日は、夜の八時半に事務所に戻ると、

加工場(吉田営業所は、事務所兼、大工さんの加工場になっています)に

人影が!

 

いつも元気いっぱいの見習い大工のいろはさんが

真剣に、道具の手入れをしていました。

s-DSC_0012(1)

木の表面を削る為のかんなです

最近では、既製品が多いため、使用する必要がない住まいも多いようです。

豊和では、無垢の木を使用するため、

大工さんが丁寧にカンナやノミ、様々な道具を使って木を加工し

すべすべに仕上げてきます。

 

s-DSC_0011(1)

<カンナの刃と磨く砥石とテキスト>

 

大工育成塾に通っているので、

テキストを見ながらかんなの刃の手入れをしていました。

よく、加工場でもくもくと道具の手入れをしている姿を見かけます。

 

s-DSC_0013

刃の裏をたたいて、鋼の切れる部分を出していくそうです。

鋼が出ている刃とそうでない刃を見せてもらいました。(写真ですとわかりにくいですが)

手が真っ黒で恥ずかしいと言いながら、説明してくれました

頑張っている姿は、

とってもかっこいいなと思いました

私も、心はハタチ!!

がんばりまーす

 

サワ♪

 

ブログカテゴリ