/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

大府市半月町 O様邸 新築工事

こんにちわ(^-^)
アドバイザーの石本です。

 

台風がどういう進路をとるのか心配なところですね。
工事現場で台風に備えて行う、

本日は『 台風養生 』のお話を。

 

台風で一番怖いのは、風(||´Д`)oです。
その対策として、現場では台風養生をします。

 

写真は、リフォーム工事中のT様邸ですが、
通常、工事中は足場に養生を広げてくくりつけ、
ご近隣へ埃などが飛ばないようにします。
↓↓↓

P1110141[1]

こちらは新築工事中のO様邸の台風養生後。
違いがよくわかりますね。
養生をたたんで足場にしっかりとくくりつけられています。
↓↓↓

P1150753[1]

P1150754[1]

台風が来るのになぜ養生を畳むのか?

「 畳むことで、風を通すためです。 」

 

養生を広げていると、風をまともに受けてしまい
組まれている足場に圧力がかかって、倒れてしまったりして
建物に影響が出てしまう可能性があります。

 

凧揚げの凧も骨組みだけでは飛びませんよね?
面で受けた風の強さは、強風の時傘をさして見るとよくわかります。
誰しも経験があるはず。

 

雨の心配は?

「サッシや玄関ドアも入っているし、
外壁には防水シートの施工が済んでいるのでご安心を。」

 
現場ではいろいろな仕事がありますが、
台風養生も大切な仕事のひとつです。

 

 

アドバイザー 石本

ブログカテゴリ