/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

新築住宅05「ヘヤーサロン併設3世帯住宅」

<大府市吉川町 新築工事 O様邸>

 

みなさまこんにちは。

工務の黒木です。

現在新築工事中のO様邸をご紹介させていただきます。

現在断熱工事が完了しているところです。

小屋裏は「セルロースファイバー」という自然素材で調湿効果のある断熱材と

壁は「ウールブレス」というその名の通り羊の毛でできた調湿効果のある断熱材を使っています。

 

セルロース施工の様子

p1210202

p1210164

ウールブレス

p1210255

今日は、気密測定をしました。

気密測定というのは、家にどれくらいの隙間があるのかを数値で測定することをいいます。

断熱材をどんなに良いものを使っても、家に隙間があってはその効果は激減してしまいます。

 

ちなみに、住宅の性能を表すものに「C値」と「Q値」というのがあります。

「C値」が先ほど説明した、家の隙間がどれくらいあるかを示すもので、数値が低いほど良いです。

「Q値」は熱の逃げにくさを表す数値で、こちらも数値が低いほど良いです。

 

国が定めた「次世代省エネ基準」というのがあります。

「C値」は「5.0」以下、

「Q値」は「2.7」以下と定められています。

 

豊和住建の特徴は、社員大工の技術の高さや自然素材だけでなく

この「住宅の性能」にもかなりこだわりがあります。

豊和住建の標準仕様は

「C値」は「1.0」以下

「Q値」は「1.8」以下としています。

構造見学会の際にご案内させていただいておりましたが

気密を高めるため、垂木や柱などの隙間をコーキング処理したり、コンパネの下にビニールシートを

ひいたり、様々な工夫をこらしています。写真ではわかりにくいですが、こんな感じです。

p1200964

気密測定の様子

p1210245

p1210246

この機械も自社のものです。ちなみに、セルロースを施工する機械も自社のもので、他にもサーモグラフィーなど

様々な測定も自社で所有しております。

今回のO様邸の「C値」は「0.9」でした。

出隅、入隅の多いお宅なので気密処理で大工さんが大変でしたが、いつもの数字が出せたことに

正直ほっとしました。大工さんに感謝します。

また次回も続きをご案内させていただきます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ブログカテゴリ