/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

木造住宅構造設計の床の剛性について

はじめまして設計の高山です。特に申請関係(確認申請、長期優良住宅)と耐震関係(耐震診断、耐震補強)を行っています。

今回は木造住宅の構造の水平構面の役割と構造的特徴についてです。

 

 

床が剛床になっていないと耐力壁の役割がなくなってしまいます。柔らかい地盤の上の建物は堅い地盤の上の建物より弱いと同じです。

また、吹き抜けを取り入れる住宅も多いと思います。吹き抜けとは2階の床に穴があり水平力に抵抗できないことになります。水平構面(床)を配置して変形

を抑える、水平構面(火打ち梁)を配置して変形を抑える等の対策が必要です。

木造の構造安全は壁(耐力壁)だけではなく、床の剛性も必要になります。

次回は建築用語についてです。

ブログカテゴリ