/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

危険なブロック塀の安全点検と注意喚起<国交省>

こんにちは。

 

2018年6月に発生した大阪北部の地震による塀の倒壊被害を受け、尊い命が守れなかった事はとても悲しく残念な思いで、私たち専門業者は何故あんなにも分かりやすい違法で危険な塀が公共の施設で放置されてしまっていたのかととても驚きました。

 

国土交通省はこれを受けて、学校の塀だけでなく、広く一般の建築物の塀の安全点検を行うように、特定行政庁より注意喚起の要請がありました。

 

古く危険な塀は身近にもまだまだ残っています。

具体的にどんなブロック塀が危険なのか?どんなポイントをチェックすればいいのか見ていきましょう。

 

①「まずはチェックポイントを用いて安全点検を行うこと」

②「点検の結果、危険性が確認された場合には付近通行者への速やかな注意表示および補修・撤去等が必要になることもあります。専門業者へすぐにご相談ください!」

 


下の項目を点検し、

ひとつでも不適合があれば危険なので改善しましょう。

 

【外観チェック1~5】
ブロック塀の点検のチェックポイント

1. 塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。

2. 塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10㎝以上か。(塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)

3. 控え壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。

4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。

5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

〈専門家に相談しましょう〉
6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9㎜以上の鉄筋が、 縦横とも80㎝間隔以下で配筋さ れており、縦筋は壁頂部および 基礎の横筋に、横筋は縦筋にそ れぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30㎝以上か。
( 塀の高さが1.2m超の場合)

 

出典:パンフレット「地震からわが家を守ろう」

日本建築防災協会2013.1 より一部改

 

 

他にも組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀のチェックポイントは

□ 1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。
□ 2.塀の厚さは十分か。
□ 3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の
厚さの1.5倍以上突出した控え
壁があるか。
□ 4.基礎があるか。
□ 5.塀に傾き、ひび割れはないか。
〈専門家に相談しましょう〉
□ 6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。

 

ご自分でチェックするのが難しい・不安な場合は

「かんたんLINEチェック」をご利用ください。

 

豊和住建のLINEアカウントに画像とお名前・ご住所を送信ください。

写真からの危険度をアドバイスいたします。

豊和住建のLINE友達登録はこちら


お気軽にお問い合わせくださいませ!

 

 

断熱・耐震・自然素材リフォームはこちら>>>

 

電磁波関連ブログはこちら>>>

ブログカテゴリ