/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjblog.php

スタッフブログ

大府市 柊山町「U様邸」屋根瓦 ふせ替え工事

現在屋根の瓦のふせ替え工事中の「U様邸」の様子をご紹介します。

以前の屋根は土の上に瓦が乗っているため、重量がかなりあります。(一般的に1坪当たり土と瓦で250Kg)

現在の瓦は土を乗せず、木を打って、釘で瓦を止めるので、土の分(一坪当たり約100Kg)が軽くなります。

結果的に耐震性能も上がるという事になります。

施工前

立派な鬼瓦が乗っています。

棟につんであるものを「のし瓦」というのですが、一般的には現在、この「のし瓦」は4~5段が

一般的です。

こちらのU様邸は10段ほどの「のし瓦」が乗っていました。

「のし瓦」を高く積めば、鬼瓦も大きくなっていきます。

解体の様子

「のし瓦」を解体するのにも一苦労です。

お客様の要望で鬼瓦についている家紋を、鬼瓦に再利用するので、綺麗に取り外しました。

瓦と土を落とすと、このように「野地板(のじいた)」がでてきます。

一部野地板を剥がし、屋根裏に断熱材、そして耐震金物を取り付けました。

今回は既設の野地板の上にコンパネを上張りしていきます。(野地板をめくる金額を抑えるため)

その上に防水の為に「ゴムアスルーフィング」を敷いていきます。

次に「瓦残(かわらざん)」という木を打って、瓦を収めていきます。

また次回、続きをご案内致します。

ありがとうございました。

 

豊和住建のリフォームはこちら>>>

 

施工事例をご紹介~リフォーム・リノベーション~

ブログカテゴリ