/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjvocspl.php

スペシャリストインタビュー

手を抜かない、高い技術力で、希望を持っていい家を建てることができる大工を育てることが大事である。農家も同じだね。

岡本よりたか
Yoritaka Okamoto

Profile

  • 自然栽培農家
  • 空水ビオファーム八ヶ岳 代表
  • 自然栽培ネットワークTOKYO 代表理事
  • 命のリレーの会 代表

大工から工務店経営へと立身出世の道を歩んだ愛知県大府市の豊和住建の社長は、多くの大工を社員として養う稀有な人である。 今のような下請けの大工では手を抜いて早く終わらせることばかり考えるので、いい家ができない。ちゃんとした経営の元で、手を抜かない、高い技術力で、希望を持っていい家を建てることができる大工を育てることが大事であると熱く語っていた。 農家も同じだね。たくさんの量を手間なく作って売る事ばかり考えると、食の安全がないがしろになる。無肥料栽培がいいとは言わないけど、いい食材を作れる農家が減らないように、もっと国は考えて行くべきだよね。 そんな豊和住建の招きで、遺伝子組み換え作物のこと、無肥料栽培のことを講演して来たのだけど、この話題での集客力は大したものだ。社長の人徳なのかなぁ…。 ご自身で経営されるイタリアンレストラン、リコ・クオーレで懇親会も楽しかった。建物も内装も素晴らしかったけど、料理も美味しくいただけた。あまり褒めると宣伝ぽくなるので、ここまでにするけどσ(^_^;)、本物を求める人は、何にも拘るんだなぁ…。やっぱり。