/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/single-hjwrk.php

店舗施工実例

WORK
S01

不思議がいっぱい! 非日常空間で特別なひと時を味わえる場所

もも山 森の家 < イタリアンレストラン リコ クオーレ ・ デザイナーズハウス&リフォーム「アトリエ 心」 >

s-1 s-2 s-3 s-4 s-5 s-6 s-7s-8s-9

モデルハウスにできる建物として、自社にてプラン・設計・施工
人目を引くかわいらしいデザイン、迫力のある屋根が特徴です。 
建物の性能においては、Q値(断熱性の高さを表す)を1.3w/m²k
(長期優良住宅の基準値:2.7 数字が小さいほど性能が高い)に高めています。
窓はトリプルガラスのエクセルシャノンを使用。 
(エクセルシャノン 熱貫流率1.1w/m²k  *昔ながらのアルミサッシは6.51w/m²k)
見た目・デザインも大事ですが、エネルギーの拡散、そしてそこに食事に来られるお客様の健康を考慮して、使用する材料を吟味のうえ選びました。 家づくりと全く同じ考えです。 屋根はフランス瓦で、納入・施工とあわせて6か月の時間を要しました。 床は蓄熱暖房、漆喰壁は京都から来てもらった、日本で三本の指に入る左官屋さんの施工によるものです。 大工は井之上棟梁、すべて手作りにこだわりました。 隅から隅まで地元の木を使い、壁も漆喰を使い、内装の木製品やアイアン製品も手作りです。 お金をかけた建物ですが、それは職人に新しいことにチャレンジさせたりすることで、じっくり時間をかけて職人の育成にもつながったと思います。そして今の建物ができあがりました。 豊和住建の持つ技術を最大限に活かした建物です。自然界に自然に存在するものに、直線だけでできたものはありません。 すべて丸みを帯びやさしくできあがっています。その自然界の姿を少しでも取り入れ、直線を無くした建物です。 ただし、リフォーム店アトリエ心は直線を活かしたデザインでモダンに仕上げました。 この大府の地にある「リコクオーレ」と「アトリエ 心」をぜひご利用くださいませ。 心よりお待ちしております。 

デザイナーズハウス&リフォーム「アトリエ 心」では、いつでもご見学OKです。
スタッフが不在の場合もございますので事前にご予約を頂けると確実です。

大府の地イタリアン。「リコ クオーレ」では、
レストラン営業時間外のご見学ができます。お気軽にご予約・お問い合わせください

☆店内ご見学ご予約先
アトリエ心 TEL0562-85-7277


施工概要

施工概要作成中

Shop Data

大府の地イタリアン。「リコ クオーレ」
■住所:愛知県大府市桃山町2丁目23-1
■ご予約・お問合せ:TEL0562-85-7701
■ランチタイム:AM11:30〜PM2:00(ラストオーダー)
■ディナータイム:PM5:30〜PM9:00(ラストオーダー)
■定休日:毎週水曜日・第一木曜日

デザイナーズハウス&リフォーム「アトリエ 心」
■ご予約・お問合せ:TEL0562-85-7277定休日:毎週水曜日ホームページ:www.atelier-cocoro.net

オーナー様の声

作成中

川口 満人

始めは、コーヒー・軽食を出すカフェのようなお店の計画でした。お店の内容はどちらともつかない中途半端な考えからスタート。 会社に負荷がかからないものをという計画で進めました。 
 計画を進めるにあたり考えると、本格的なフレンチ、イタリアン、和食、中華など「うまくておしゃれな食事」をするとき、お付き合いだったり、仲間・夫婦でなぜ名古屋ときには東京まで行くのか? 何の疑いもなく年に数回出かけていました。 それについて頭の中にクエスチョンマーク?が浮かび始めました。 豊和住建の家作りと全く反していることをしているのではないか? エネルギーを使って名古屋や東京にいくことは違うのでないか? 豊和住建の家は人に優しく、地球環境にも優しく、温暖化にしない、シックハウスにならない、CO2エネルギーの拡散… 等。 他の地でお金を使うぐらいなら、エネルギーを使わず地元で食事をしたり、お酒を飲んだりしたほうが地元に少しでも還元できるのではないか? 地元に少しでもお役に立ちたい。 日ましにその思いが強くなり、2011年末頃に計画書作り、資金作り、土地探しなど行動に出ました。 
 大府の地にイタリアンレストラン、中尾シェフとの大きなご縁をいただきました。 ホールの後藤マネジャーとのご縁も大きかったです。 二人とのご縁は、宝物をいただいたものと思っています。 中尾シェフは、パン・ドルチェ(ケーキやアイスクリームなど)・生パスタ・生ハムなどを手作りしてお出ししています。 おいしい上品な味が中尾シェフの持ち味です。 辛口にしてドリンクを多く飲ませるわけでもなく、味を薄くするわけでもなく、濃くもなく、上品な味付けが心を揺さぶるシェフです。

棟梁のこだわり

建築家の想い

担当スタッフより

営業・現場管理

山口 忠和