/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/page-refc.php

断熱・耐震・自然素材
リフォーム

断熱性能UP低燃費リフォーム

断熱改修工事の目標

断熱改修工事とは建物の断熱性と気密性を高め温熱環境を改善することです。
豊和住建の断熱改修は三つの項目を目標にお客様へご提案致します。
断熱改修をするということは、夏を涼しく過ごすことができ、冬は暖かく過ごすことができるということです。それはそこに住まう人にストレスのたまらない快適な環境をもたらします。また外から入ってくる熱気や冷気を防ぎ、室内からの涼気や暖気を逃がしにくくすることでそれにかかる冷暖房費の削減を行うことができます。さらに、快適な環境を生み出すことは住まう人の健康を向上させることにつながります。下図のように断熱グレードの低い住まいから高い住まいに移り住んだ人の症状改善率をみていただくと断熱は健康とも深い繋がりがあることが分かります。

住まい手の価値観に合った手法、断熱材

豊和の断熱改修提案

住まい手の価値観に合った手法、断熱材をご提案
豊和の選りすぐりの自社社員大工の丁寧な仕事で、健康で快適を実現します。
リフォーム例
Before
After

命と財産を守る

耐震リフォーム

現在、東海・東南海地震がいつおきてもおかしくないと言われています。
今のお住まいは大丈夫でしょうか?

昭和56年以前に建てられたお住まいの方

特に昭和56年以前に建てられた住宅は阪神大震災ではかなりの建物が倒壊してしまいました。 住宅の耐震をすすめるため、各自治体では対象の住宅を無料で耐震診断を行っています。 まずは、自分の家の強さを知る為に、資格を持ったプロの建築家による診断をされてみてはいかがでしょうか?

補強計画と施工技術

耐震診断の結果を元に、選べるいくつかの補強計画をご提案。
耐震改修は技術と経験が必要な難しい工事です。 大府市内施工件数No.1、自社社員大工施工の豊和住建にお気軽にご相談ください。

家の強さを「評点」で表します。

「0.7未満」 倒壊する可能性が高い
「0.7〜1.0未満」 倒壊する可能性がある
「1.0〜1.5未満」 倒壊する可能性が極めて少ない
「1.5以上 倒壊」しない
評点が1.0以上で建物の倒壊の恐れは極めて少なくなります。耐震の補強工事は、様々な方法があります。弊社では、多くの耐震工事を行ってきました。培った経験を活かしお客様のご希望に合い、かつ強度のバランスが合うように耐震の計画を立てさせて頂きます。