/usr/home/aa101xm96x/html/wp-content/themes/theme-hj/page-soza.php

こだわりの素材

たくさんの材料を使い、住まいはつくられます。
良い木材を使っても、他の素材の選び方を誤るとビニールや化学物質、アレルゲンに囲まれた家になってしまいます。健康で快適に暮らしてほしいから、家族が食べるものと同じように住まいの素材を選びましょう。アトピー・喘息の原因と言われるVOC・ホルムアルデヒド・ダニ・カビを極力除去した住まい。無垢の木やフローリング、珪藻土や紙の壁紙などの内装材は夏場のじめじめした湿気を吸ったり吐いたりして家を長持ちさせてくれる。はだしで過ごしたくなる、無垢の床の肌触り。自然素材の変化は経年劣化ではなく、経年美化とも捉えられます。10年後に「手になじんできた」「味がでてきた」と感じる住まいにしましょう。お手入れは難しくありません、家を建てる前、住み始めた後、いつでもスタッフにお問い合わせください。

暖かいぬくもりと長持ちする無垢のフローリングを標準装備

無垢の床は木目が一つ一つ違って自然な表情が嬉しい。さらっとした温かみのある肌触りは、裸足で過ごすのが年中心地よく、夏場のベタベタも冬場のヒヤッもない快適さ。子どもと一緒に大人も床の上でゴロゴロしたくなりそうです。無垢フローリングは、芯まで本物の木で出来ているので、素人でも自分で削ったり塗装したりとメンテナンスができます。厚さ1.5㎝の無垢のフローリングは頑丈です。メンテナンスを行うことで、木は親子3代にわたって使えるほど、長持ちする素材です。使い捨ての素材ではありません。複合フローリングとは全く別の材料です。フローリングだけではなく建物の随所に無垢の木を使用しています。

複合フローリングとの違い

「木の床」と呼ばれるものは無垢材のフローリングの他に複合フローリングがあります。薄い板を接着剤で貼り合わせた単板積層材の表面に、厚さ1ミリほどの無垢材を貼ったもので、伸縮や反りが出ない様に加工しています。外見は木の床ですが、感触や弾力、耐久性は無垢材の床とは大きな違いがあります。無垢材は天然素材なので部屋の温度や湿度の影響を受けて伸縮します。そんな木の個性を見ながら施工をするのも大工の腕の見せ所でしょうか。

木を活かす自然塗料

室内に入ると、家を支えるの無垢の柱や太い大黒柱、大きな梁、無垢のフローリングや窓枠など、様々な場所に無垢の木を使用しています。木部には調湿効果を活かし、手垢や汚れを付きにくくするために、自然塗料で塗装をしています。自然塗料とは、樹脂やアマニオイルなどの自然の成分で配合された塗料です。ドイツ製で、100%の成分表示がされています。完成時に、メンテナンス方法を覚えて頂く一貫として、お客様と一緒に床の塗装をさせて頂いております。油を浸みこませていく感覚なのでとっても簡単です。自然塗料で塗装された床は、さらさらとした肌触りでとても気持ちが良いと評判です。

あの高級な桐たんすに使う桐材が、クローゼットや押入れの内装標準です。

見えないところですが、衣類や布団、あなたに直接触れる物をしまう場所だから工業化学系の素材は使用せずに、無垢の桐板を一枚一枚、丁寧に施工します。桐材は、タンニン(天然防虫剤)を含んでいるため色が変わってきますが、湿度を調節し、リラックスやリフレッシュ、防虫、殺菌などの天然の効果があります。湿気のこもりやすい押入れ・納戸・ウォークインクローゼットなどの収納場所に使用しています。

職人の目利きと技術で活きる古材活用

なぜ古材を使用するのか?現在の木材は人工乾燥が多くを占めます。天然乾燥100%の古材は色つやが良く、味わいがあります。また、二代前、三代前の家主が造った建物をあっさり壊してしまうのも耐えられませんでした。何か一つでもその家の想いを伝える物を残したい。たとえばお客様がふと、古材の梁を見て、ひいひいおじいさんはこの梁をどこで仕入れて、どこで加工して、どんな想いでこの梁を付けたのだろう・・・私たちの代、そして次の世代へ伝えたい。松は400年、ヒノキは1300年以上も強度を持ち続けます。それを30・40年で、処分してしまうのは、悲しく寂しい事ではありませんか?